十勝在住の管理人が、なんとな~く気になった情報を、気の向くままに発信していくブログです。たまにお役立ち情報あるかも?w

帯広⇔苫小牧の車での移動は高速を使うべき?距離やバス、JRとの違いも!

久しぶりに知人から電話があり話をしているうちに遊びに行くことになりました。

 

聞くと今は苫小牧にいるというではないですか!なんとも懐かしい!!

 

管理人が最後に苫小牧へ行ったのはもう10年以上前の話なので、どうやって行くのかすぐに思い出すことができませんでした。

 

ただ、うっすらと覚えているのは日勝峠を超えて日高方面に車を走らせたことだけが記憶に残っている程度です。

 

この際、しっかりとリサーチしたうえで出かけようと思い、車だけではなくバスやJRについてもいろいろと調べてみることにしました。

 

スポンサードリンク

 

 

帯広⇔苫小牧間の移動方法

帯広⇔苫小牧間の移動方法は以下のような方法が考えられると思います。

 

【主な移動方法】

・車での移動(一般道or高速道路)

・バスでの移動

・JRでの移動

 

 

今回は公共交通機関も比較対象としていますので、出発地を帯広駅、到着地を苫小牧駅として調査しておりますのでその点は悪しからず。

 

では、これらの方法で移動した場合の、移動距離と所要時間、さらには交通費がどのぐらいかかるのかを見ていきましょう。

 

車での移動(一般道)

移動距離:195km

所要時間:3時間44分

交通費:往復で約3,150円

※ガソリン料金は120円、燃費15km/ℓとしています。

 

 

管理人が10年以上前に苫小牧へ行った際のルートは先ほど日勝峠を経由したルートという話をしましたが、下図のとおり現在もその方法は健在でした^^b

ただ、当時と大きく異なっていることが1つあります。それは何かというと日勝峠が昨年の大雨により通行止めになっているということです><

 

でもご安心ください!

 

その通行止めも今月の10月には解除され、利用できるとのことです。

 

車での移動(高速道路)

移動距離:179km

所要時間:2時間38分

交通費:10,540円(燃料費:約3,600円、高速料金往復:6,940円)

休日だとETC割引ができようされるので8,460円(燃料費:約3,600円、高速料金往復:4,860円)

※ガソリン料金は120円、燃費15km/ℓとしています。

 

≪ルート図≫

 

当時は高速道路もまだ札幌から夕張までしか通っていなかったので、このようなルートはありませんでしたが、もし開通していれば冬などの道路状況が悪い時期だと結構利用していたかもしれませんねぇ。

 

スポンサードリンク

 

 

バスでの移動

帯広駅⇔新千歳空港⇔苫小牧駅

移動距離:184km

所要時間:5時間15分(乗車時間:3時間45分)

交通費:往復で7,640円(6,200円、1,240円)

 

 

通常の路線検索では出てこない方法ですが、バスだけという条件でいくとこのような方法になりました。南千歳からJRを利用する方法を使うとこんな感じになりますね。

 

帯広駅⇔南千歳駅⇔苫小牧駅

移動距離:184km

所要時間:2時間38分(乗車時間:3時間2分)

交通費:往復で8,520円(6,200円、2,320円)

 

 

JRでの移動

帯広駅⇔南千歳駅⇔苫小牧駅

移動距離:203.4km

所要時間:2時間21分(乗車時間:2時間16分)

交通費:往復で13,540円

 

ご覧のとおり、どの方法よりも最速で苫小牧に行くならこちらの方法が一番有効な方法ですね。ただし、注意しないといけないのが交通費のところです。移動時間が一番早い反面、金額も高額になっています。

 

 

まとめ

多少お金がかかってもよいという方

お金にも余裕があって、さっと苫小牧に行きたいという方はJRを利用することをお勧めします。また、家族ずれなどではなく単身で行くという方もこちらのほうが良いかもしれませんね。

 

なるべく節約したいという方

多少、時間はかかってもいいから、お金を節約したいという方はやはり車で一般道路を利用することがおすすめですね。燃料費しかかかりませんので三千円程度に抑えられるというのは魅力的ですよね。

また、家族で移動する場合はやはり車を利用しない手はないですよね。

 

車でかつストレス・フリーで行きたいという方

一般道路の場合、どうしても峠などでバスやトラックにつかまって、自分のペースで走ることがよくありがちです。そういったことを避けたいということであれば、多少お金はかかりますが高速道路を利用するのが良いと思います。

 

また、冬季期間であればさらに路面状態の影響を受けますので、なおさら高速道路がおすすめです。また、休日であればETC割引が適用されますので、費用をお勧めしたいという方は割引が適用されるタイミングで移動されるとさらに良いですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事