十勝在住の管理人が、なんとな~く気になった情報を、気の向くままに発信していくブログです。たまにお役立ち情報あるかも?w

帯広周辺で遊具があって水遊びのできる人気の公園おすすめ5選!

今年は何年ぶりかの猛暑になるという話をネットニュースだかテレビ番組だかで4月頃に聞いたんですけど、5~6月は本州の梅雨張りに雨ばかりで「全くガセネタじゃねーか!」と思ったのは管理人だけではないんじゃないでしょうか?

 

そんな長い雨ばかりの天気からようやく解放され、7月から夏らしい天気が戻ってきましたよね。

 

もともと本州出身の管理人は小さい頃、夏はよく川とか海へ水泳や水遊びに行っていましたが、北海道は海水浴場自体がほとんどなく、帯広のような内陸だとさらにそんな機会が少ない気がします。

 

でも、子供ができてから気づいたんですが、実は、帯広周辺に結構水遊びのできる公園があるんですよぉ。

 

ということで、今回は管理人が子供を連れてよく行く、遊具もあって水遊びもできる公園をいくつかご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

帯広周辺の水遊びができる公園

まずは帯広周辺で、水遊びができる公園をざっと見てみましょうか。

 

こちらは帯広市が紹介している公園のリストとマップです。

 

 

①緑ヶ丘公園

(住所:帯広市緑ヶ丘2、遊具:ネット遊具、ジャングルジム等)

②南公園「とかちプラザ南側」

(住所:帯広市西4条南13丁目、遊具:×)

③西帯広公園

(住所:帯広市西22条南3丁目、遊具:コンビネーション遊具等)

④大通公園

(住所:帯広市大通20丁目、遊具:コンビネーション遊具等)

⑤みなみ野公園

(住所:帯広市南の森東2丁目、遊具:コンビネーション遊具等)

⑥中央公園

(住所:帯広市西3条南7丁目、遊具:×)

⑦かしわ児童公園

(住所:帯広市東9条南9丁目、遊具:滑り台、ブランコ等)

 

ルートを検索

 

 

 

 

管理人がオススメの水遊びができる公園

さきほどあげたリストの公園は管理人も大体いったことのある公園ばかりですが、帯広周辺まで広げると更に候補は多くなります。

 

ということでここからは管理人がオススメする公園をご紹介していきたいと思います。

 

第5位:かしわ児童公園

住所:帯広市東9条南9丁目

01kasiwa-p

07kasiwa-p

04kasiwa-p

(出典:帯広市)

 

ルートを検索

 

帯広市内の東エリアにある公園の中で、唯一水遊びができる公園なんです。

 

こちらの写真を見て頂くとわかると思いますが、水遊び用の大掛かりな水路や滑り台のようなものがあるわけではなく、噴水が1つあって、その周りに浅い水場があるだけのかなりシンプルな作りが特徴です。

02kasiwa

(出典:帯広市)

 

管理人も子供が小さい時によく連れて行った場所で、幼稚園の年中さんや年長さんぐらいになると少し物足りないかもしれません。

 

逆に言うと、年少なる前ぐらいのお子さんを連れて行って水遊びするにはちょうどいい規模の施設ということができますね。

 

規模が小さいので目が行き届き易いので、そういった意味でも安心して小さなお子さんを遊ばせられる公園と言えるでしょう。

 

 

第4位:西帯広公園

住所:帯広市西22条南3丁目

11nishiobi-p

(出典:帯広市)

 

ルートを検索

 

西帯広のメガドンキーのさらに西側にある公園で、テニスコートやパークゴルフ場等が併設された公園です。初めていくとその大きさに意外とビックリするのではないでしょうか。

 

難点が、駐車場があまり多くないので埋まっていることが多く、車の駐車場所に困るという点です。

 

さて、実際の水場ですが、写真のように水路のような場所と、小川のような場所の2か所あります。水路自体はそれほど規模が大きくないので安心して遊ばせられますね。

DSC_0831

DSC_0841

DSC_0840

小川は森の中に走っていて雰囲気が良く、遊ばせるというよりも散歩しながら自然の中を探索する感じで楽しむぐらいが丁度良いかもしれません。

 

水遊びをするのであれば水路で遊ぶのが良いでしょう。

 

 

第3位:芽室公園

住所:北海道河西郡芽室町本通8丁目

mem_24b

(出典:とかち晴れ)

 

ルートを検索

 

38号線をひたすら西に走り続けると芽室自動車学校の向かい側にある公園がこちら、芽室公園になります。

 

こちらも、体育館やテニスコート、野球場等が併設されており、しかも神社も近くにあるのでかなり規模としては大きな公園です。遊具もありますが、この規模にしては少し数が少ない印象がありますね。

 

肝心の水遊び場ですが、滑り台などもあり幼稚園の年中さんから小学生ぐらいまでとかなり大きなお子さんにはかなり適した場所と言えるでしょう。

 

天気の良い日にはよく焼き肉などをされている人も見かける場所ですので、子どもたちを公園で遊ばせながら大人はバーベキューを楽しむなんてこともできますね。

 

帯広から行くには少し遠いかもしれませんが、水遊びができる施設が充実しているので、行く価値があると思いますよ。

 

 

第2位:いなほ公園

住所:北海道中川郡幕別町札内みずほ町

DSC_0861

 

ルートを検索

こちらも帯広市内ではなく、隣町の幕別町にある公園ですが、結構、帯広寄りの場所にあるので車で行くならすぐ近くにある公園です。

 

滑り台などの水遊びできる場所がないのですが、なぜこのランキングに位置しているかというと、水路や噴水の規模が半端なく大きいということです。

 

水路も単純に真っ平らな水路が伸びているというわけではなく、段差などが随所にあるので水路で遊んでいても変化があるので飽きが来ないという楽しさがあります。

DSC_0859

(北側の噴水)

 

DSC_0857

(中央の水路)

DSC_0865

(東側の水路)

 

 

DSC_0867

(南側の水路)

 

DSC_0856

 

(水路を北側に向かって写した写真)

 

DSC_0866

(水路を南側に向かって写した写真)

 

また、段差があるということはそれなりの水流があるということですので、物を流して遊んだりできるのでさらに子供たちは飽きずに遊び続けるわけです。

 

すぐ近くにはコンビネーション遊具があるんですが、コロコロの付いた滑り台やターザンロープなどもあり、かなりそちらでも楽しめるので半日は余裕で遊べちゃいますよ。

DSC_0863

DSC_0864

 

まだ行ったことがないという方は是非行ってみてください。

 

 

第1位:緑ヶ丘公園

住所:帯広市緑ヶ丘2

DSC_0842

 

ルートを検索

 

帯広に住んでいる方なら知らない人もいない緑ヶ丘公園。

 

かつては世界1位の長さを誇ったロングベンチも、悲しきかな抜かれてしまいましたが、帯広の氷祭りが開催される場所でもあり、帯広の大きな公園と言えば緑ヶ丘公園ですよね。

 

遊具は巨大なネットのアスレチック遊具からコロコロ滑り台(H28.7月現在、使用禁止となっています。)もあるので普通にそれだけでも遊べちゃう人気の公園の1つだと思います。

17midorigaoka_1

(出典:帯広市)

 

そんな緑ヶ丘公園は実は水遊びの施設もかなり充実しているということをご存知でしょうか。滑り台はもちろんのこと、滝のようになった「打たせ湯」ならぬ「打たせ水」があったりと、かなり水遊び場としては有料級の規模を誇ります。

19midorigaoka_1

22midorigaoka_1

(出典:帯広市)

 

また、そういった少し大きな子供向けの施設ばかりと思いきや、滑り台などから少し離れた場所に小さな噴水やクッション性の優れた柱などの設置された浅瀬の水場があるので、かなり小さなお子さんでも遊べる施設となっています。

18midorigaoka_1

(出典:帯広市)

このように、小さなお子さんから大きなお子さんまでバランスよく遊べる施設となっていることから、堂々のランキング1位にさせていただきました。

 

施設もさることながら、帯広市内のちょうど真ん中に位置していて立地条件も最適と言えるので、そういう点でも文句なしの1位となりました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

最後に

みなさん十分わかっていると思いますが、小さなお子さんに水遊びをさせる際にはかならず目を離さないようにしましょうね。

 

また、「足だけ水につかるだけ」といったつもりで遊びに行く際にも、必ずワンセット着替えやバスタオルを用意しておくと良いですよ。

 

というのも、子どもは水遊びに夢中になってしまうと親が想像していない行動をとったりしますし、転んでしまってズボンや服まで濡れてしまうといったことがよくあるんです。

 

水遊びに行く際には、そういったこともある程度想定して準備しておくと万が一何かあっても車が濡れたりしなくて済みますよぉ^^b

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事